今後のビジョン

世界にも稀な固定の風景を保つ奈良の魅力を映画という新しい文化祭典により発信し、
この映画際を通じて、奈良に暮らす人たちがこの地を誇りに想い、
世界の人々へのおもてなしを通じて、我が国の文化をアピールする力を育みます。
国際文化交流を行うことで、国際コミュニケーション力と故郷を思う心を兼ね備えた若い人材の育成、
県庁所在地で全国雄一映画館の無い奈良から、国際映画祭を継続的に発信し、
日本各地やアジア地域の観光客の誘致をねらい、
ひいては奈良に暮らす人々にもう一度「映画」という文化を根付かせ、
そこから生きる喜びを根付かせることに貢献してゆきます。

そして、なら国際映画祭応援自販機を2014年中に300台の設置を目標とし、
奈良の皆様と地域を盛り上げて参ります。

なら国際映画祭が、あらゆる芸術の祭典として将来成長してゆけるよう、ご協力お願い致します。